記事カテゴリー

記事カテゴリー

21.02.26

  • HOME
  • >
  • 新着記事
  • >
  • 高齢者や障がいを持った方の歩行訓練機「らくらくバランス」の販売開始
  • 高齢者や障がいを持った方の歩行訓練機「らくらくバランス」の販売開始


    【報道関係者各位】

    高齢者や障がいを持った方の歩行訓練機器「らくらくバランス」の販売開始

    〜 「歩く」をもう一度当たり前に 〜

    ことほ株式会社(本社︓大阪府大阪市淀川区、代表取締役︓四宮葉一)は、『「歩く」をもう一度当たり前に』 をコンセプトとして、膝関節に負荷をかけずに、乗るだけで歩行能力を鍛えることができる訓練機「らくらくバランス」を、2021年2月に販売開始しました。

    ■らくらくバランスの主な特長

    らくらくバランスは、膝関節に負荷をかけずに、乗るだけで歩行能力を鍛えることができる訓練機です。その使用感はまるで空中散歩のよう。国際医療福祉大学、久留米大学をはじめ、多くの専門家とともに長年の実証実験から、歩行能力を妨げる原因を絞り、中でもバランスに着目しました。バランス力、下肢筋力、歩行スピードを鍛えることができる3Dウォークシステムは、膝関節に負担をかけずに歩行訓練ができます。


    ※1,2 日本人 ●対象者:69.4±4.3 歳 8 名(男性4 名、女性4 名) ●条件:15 分間× 週3 回×3 ヶ月の使用 ●調査場所:社内

    ※3 米国人 ●対象者:83.9± 6.3 歳  14 名(男2:女12) ●条件:15 分間× 週5 回×3 週間の使用 ●調査場所:米国老健施設内 ※1,2,3訓練結果には個人差があります

    ことほ株式会社は、パナソニック株式会社のR&D (Research and development)部門で、ヘルスケア機器に携わってきたメンバーが立ち上げた会社です。医療や介護現場からも関心が寄せられたことを受け、事業化を加速すべく、株式会社 BeeEdge1(社長:春田真、本社:東京都港区)の新規事業創出スキームにより、2019年6月に設立しました。

    「人生 100 年時代」の中、近年、医療の発展と共に、多くの人々が長く生きられるようになってきました。そして、長寿の方がより健康的な生活を送り、楽しむことにシフトしてきています。特に「歩く」ことは人間の根幹をなす動作の1つであり、健康の鍵を握ると考えています。この「歩く」という動作を改善することで、運動寿命を伸ばし、人々がより快適で人間らしい生活を営むことができると考え、エビデンスに基づいた科学的なアプローチで、続けられるソリューションを提供してまいります。

    株式会社BeeEdge:新規事業の創出促進を目的として、米国サンフランシスコをベースに日米でスタートアップへの投資を行うスクラムベンチャーズと、産業や組織の壁を超えたオープンイノベーションを活用し新たな付加価値創出を目指す株式会社INCJ と、新規事業の創出を目指すパナソニック家電事業部門のアプライアンス社が共同で出資・運営する事業会社 http://beeedge.com/

    ■らくらくバランス製品仕様

    会社概要

    社名:ことほ株式会社

    代表取締役社長:四宮 葉一

    本社所在地:大阪府大阪市淀川区西中島 3-18-21 5階

    設立日:2019 年 6 月 21 日

    資本金:11,375 万円

    事業内容:リハビリテーション機器の企画・製造・リース・販売 等

    ホームページ:https://cotoho.co.jp/

    お問い合わせ先

    ことほ株式会社  info@cotoho.co.jp

    TEL: 0120-793-514

    Edited by :ことほ 編集部

    らくらくバランス®️で歩行リハビリ。人々の運動寿命を延ばします。カンタンをまた簡単に。

    投稿者の webサイト

    おすすめ記事